--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/13/2014    ずぼらの果て
こんにちは、小さい人間です。

あれ、気付いたら年明けて春過ぎてもう梅雨じゃん!みたいな感じですねてへぺろ。
別にTwitter的なもんとかFacebook的なものとか所謂ほかのSNSやってたとかそういう訳はある筈もなく。

月日は流れていった、ただそれだけの事である(別に何も重要な事は言ってない)

生活自体は異常な程平和で、猫女(仮)が難治性口内炎で苦しんでる事と、モップ(仮)の尻毛にう●こが絡み付いて仕方ない事位しか胃痛の元になるくらいの悩みはない(話の重さが違いすぎる件)。


ヘヘ、カワイイだろ...コイツ、う●こぶら下げて歩いてるんだゼ...!!

一方の御方。

きっと凄く痛いと思うのだが、何故だか普通に小生の腕にガブーっゴリゴリーッとご機嫌な様子で噛み付き(猫女(仮)が噛むときはご機嫌、猫男(仮)が噛むときはご機嫌斜め)、モリモリーっと食されている。結構症状はヒドイと思うのだが、コレが野良の生命力ってヤツなのだろうか、と毎日感心してしまう始末。

だが、本日こんなモノを発見してしまった。否、作ってしまった。

ハゲ!しかも結構ハゲ!
ファーミネターでモリモリ毛を取ってたらモッソリ取れてしまった△
当然あばばばばば...とうろたえまくったが、当事者が余りに気持ち良さそうに寝ているので、病院は来週。
所謂ステロイド副作用みたいな話だろうが、覆水本に帰らず、抜けた毛を嘆いてもハゲはハゲ。
2ヶ月前にに晴れてお嫁に行った事故猫の通院に行く際ついでに行く事にしました。

あ、そうだった。

なんと事故猫。新しいおウチが出来たのである。
「2ヶ月記念で写真撮りました☆」っていうメールが届いて「まじかよ!アレからもう2ヶ月たったかよ!オレ何も変ってねぇし何もしてねぇ!」とかいう訳のワカラン焦燥感に囚われていた小生だが、普通に本当に良かった。
久しぶりに会ったら(家は徒歩5分の距離である)、「誰アンタなんかくれんのくれないなら帰って」みたいな顔をされ(態度激変すぎワロリン)とにかく安心した。
小さい人間宅では考えられない可愛がられ方をしていてちょっと羨ましかった(何が)。

彼女も安定の歯周病だが、まぁ比較的初期なんでそれなりになんとかなりそうである。


自分もそうだが、年食うたびに生き物はガタがきて仕方ないですね。
猫女(仮)はハゲで口内炎だし、モップ(仮)はてんかん持ちだしウ●コぶら下げて歩いてしかもそのへん落とすし、バッファローは完全ピザ化した上に猫男(仮)殴って飯奪うし、破壊神は完全に故・カール・ゴッチに似てきたくせに抱っこしようとすると猪木アリ状態だし、本当に年取ると大変ですわ(?)

参考画像


そんな感じでもうちょっとブログしたい小さい人間。いや本当に続けたいんだが持久力足りてねぇヨ...
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ





スポンサーサイト
05/16/2013    前略 おふくろ様
タイトルに深い意味はない、でもしっくりきたような感じがする今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
しれっと1ヶ月以上何もせず、殆どネットすることもなく(でもGW明けの楽天セールはしっかり参加)、メールすらマトモにチェックせず(それはAlways)、TVすら見ず、飲みに行くこともなく、能動的行動はほぼ何一つとってないように思う初夏。

それでもまぁまぁ元気に生きていた、クズはクズなりに。


夕日に万歳三唱してみたり


どう転んでもイヌじゃねぇだろ、タヌキだろっていう面構えのイヌのギッコンンギッコンするやつでギッコンギッコンしたり(ギッコンギッコン言い過ぎだろ)


さっき食べたオムライスがリバースしそうな勢いでブランコを思いっきり漕いだり


白い破壊神と散歩したり


事故猫と雑誌読んでたら疲れて寝たり(あからさまに事故猫のサイズ感がおかしい件。我が家に来た時の1.5倍以上に膨れている件。)

とまぁ、珍しく己のが被写体となっている画像うpしてみたりね。

とにかく元来恐ろしいほどにない覇気とヤル気がいよいよ一層なくなってきたのは何処かしら具合が悪いからではなかろうか、と悶々と気に病んでいたりもする訳です。
先日、もう一人の人間に「このペースでいったらもってあと十数年」とかいう謎の余命宣告を受けた事はとこの不安は一切関係ない、念のため。

因みに、猫共も相変わらずいくら撮っても何にも変り映えしない面構えでヌラーっと寝とります。


相変わらずの面構え


正直、猫女(仮)な具合があまり良くなかった。
原因は歯周病。一度薬を変えてみたらそれが合わなかったらしく食欲も比較論で言うと減退してしまい、季節の変わり目のせいか、喘息の症状も出ていて押入れかベランダのバスケットから動かず、食事を持っていってやらないと食べなかった。

現在は落ち着いているらしく、自ら食事の催促にくるようになり食事も出した分はまぁしっかりたべてくれてる。ベランダ在住(そこはかとなく海外駐留を匂わせる字面よ...)なのはまぁ前からだしそんなに気にしない事にした。

他にもネタになりそうな事(新しいアンプがきたりとかさ、キャットウォーク作ったりとかさ)はそれなりに激写したりしてたんだけども、どうにも未だ気乗りしないのは何故かなぁ...

そんな初夏の昼下がり。
ポッチリひとつで頑張りたい。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

03/22/2013    春は曙
ここここんにちは、小さい人間です...
どうにもこうにも滞るこのブログですが皆様如何お過ごしでしょうか。

さてはて滞ってる間小さい人間が何をしていたかというと


いかなごのくぎ煮を炊いたり


猫を覗き見したり


鳥を追いかけたり


夕日に黄昏たり


やはり猫の尻を追いかけたりしていた。

もう一人の人間も相変わらず、食う寝る働く以外はタワレコのセールワゴンを漁るかネットでタワレコとHMVとDisk Unionを徘徊するか猫を嘗め回すように撮影するかしかしてないように思う。

以下、嘗め回すように撮影するおっさんの図


勿論、皆様が「テメェらの生活なんてどーでもいいからさっさと事故猫出せゴルァ」と思っている事は知っている。
ちょっと焦らせてみる作戦である(マジどーでもいい)。


最近は日向ぼっこに忙しい模様。


最近、若干瞳孔が収縮するようになった。

ところどころ十円ハゲがありますが、それ以外は何処にお嫁に出しても恥ずかしくない仕上がりとなりました(とやんわり里親募集をほのめかしてみる)。

かなり人の膝の上が好きらしく、もう一人の人間はまるでキャバ嬢でも膝に乗せているかの如く、デレデレしながら愛でていらっしゃる模様。

ただまぁ、「どこにお嫁に出しても~」なんてのは言い過ぎで、結構気性は荒い。というか、ウチが猫が居すぎるのが問題なのだろうけども、結構威嚇しとるのですね。特にバッファロー(仮)。やはりそこは動物、自分より弱そうなものは攻撃するようで、見るからにチキンなバッファローはいじめる対象の様子。
流石にメスなんで酷い喧嘩には発展しませんが毎度毎度バッファロー(仮)が猛ダッシュで遁走する場面に出くわします。
う~ん、問題だ。

あと、何故かペットシーツオンリーでしかトイレしてくれないorz
そういう猫も偶にいるらしいし、トイレ自体は他で粗相したりはしないものの、なんとか砂に移行してくれないと里親探し難航が目に見えているのでなんとかせねばよ...

なんだかんだありますが、とにかく皆様にお礼を申し上げたい。

有難う御座いました。
皆様が影でこっそり祈っていてくださった御蔭で、事故猫もただ片目がないだけの猫になりました。


どうなるかとか何も考えてなかったけど、とりあえず最悪の事態は避けれました。
今日も元気に食って寝てう○こしてやっぱり食って寝てる彼女を見てると「まぁ良かったんじゃねぇかなー」と思えます。

本当に有難う御座いました。
彼女に代わり、お礼申し上げます。



そんな毎日ですが日に日に落ち着きを取り戻している模様。
続報乞うご期待(嘘)。


猫と共に生き、猫と共に死ぬのが運命かと諦めかけている小さい人間の希望のポチリを願います。
えへ。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

どうもどうも、小さい人間です。
すっかり猫ブログと化した我がブログ、なんだかショッボいインテリアよりこっちのがいーんじゃないかと思いつつも、敢行するこのジャンル。

さてはて、ひとまずお礼の意を述べたいと思う。

ちょころぐ+(プラス)のちょこ様より、嬉しい物資支給が御座いました。

届いたときは割とマジでガチで涙がチョチョ切れた小生。

猫缶セット。
そして

けりけり金ちゃん。横に写り込んでるのは猫男(仮)ではなく事故猫。


見よ!この華麗なる被写体ブレ!!10分後には金ちゃんはビッチャビチャになっていた、ヨダレで。
超気に入りました。

本当に有難い。物資云々よりもそのお気持ちが。
有難う御座います。猫共に替わり、お礼申し上げます。アタシ頑張ります。

色々な方から励ましのメッセージを頂き、もう一人の人間の上司にすら励まされ(情報の伝播がパネェ)、当然嬉しいのだけれども、正直なんつーかピンと来ていない自分が居るのもまた事実。

数の勝負ではないものの、もっとたくさんの猫を救い、新しいお家を見つけてあげている方々はたくさん居て、恒常的に地域猫を守り、雨でも雪でも猛暑でも毎日猫に食事を与えに行かれてる人たちがいて、それに比べると多分そない凄い事でも立派な事でもないと思っている、本気で。
結果的に金やら労力やらがかかったが、最初からソレを想定して行動している訳でもないので、考えナシの行動とも言える。

こんな言い方はアレな感じで嫌だが、今回事故猫を救う金があれば、もっとたくさんの路頭に迷う猫達を救えたかもしれない。ある種、非常に「感性的」な救出劇だったかもしれない。
ただまぁ、そんな事はもうどーでもいいんだがね。

ともかく、今事故猫はこんな感じ。

まるで勝手知ったる我が家...
頭打ったからなのか、やはり野良ではないからなのか、ずっと前から居たかのように馴染んでいらっしゃる。恐ろしい。
本日は、若干お腹の傷が化膿してしまい抗生剤の注射を打ったせいかなんだかグッタリな御様子。
然しながら日にち薬といったところです。

んで続報。次の患者さんはこちら~

鋭い眼光で下界の人間共を見下ろす御大、猫女(仮)
順を追って話そうと思う。

まず、彼女、右耳が何らかの最近による感染症を起こしていた。痒い、膿が溜まる、というもの。昨年末位からちょいちょい通院、一応治りまして、今はキレイな耳の中。因みに感染症の原因は不明。

で、次。これはもう仕方ない、歯周病。元々我が家にやってきたときから口臭は結構あったものの、「ウチの猫男(仮)の口が無臭過ぎるんじゃね?」的に軽んじていた結果、やはり悪化(最低な飼い主だなオイ)。食欲は一切落ちる事がなく、余計看過してしまった次第。現在投薬治療中。食欲は相変わらず上々。
勿論、原因なんか不明。

で、次。(まだあんのかよ)

これはびっくらこいた(表現が古いなオイ)。

どうやら彼女は喘息らしい。「だった」というのが最適かもしれない。
ある夜、枕元(つか、もうダイレクトに枕。小生の枕。)で妙に早い呼吸と異質な音を感じた。偶々両脇にも猫が丸くなっていたのでそれぞれ確認したが明らかに異常。「はははははは肺がんかも(笑ってる訳ではない)」と真っ青になりながら翌日病院へ。

「ずっと病院通ってたのに気付かないとか先生こん畜生!!」とか失礼な事を思いながら待った。
んでまた昨日行った。

結果は「沈静化した喘息」ということだった。
過去(ホームレス時代)はもっと苦しかったかもしれないが、今のところ普通にしてていいらしい。
こういうのは波があるので、普通のときもあれば、呼吸が荒れる事もあるらしいが、いうたら「一生付き合っていきましょう」的持病である。モップ(仮)に引き続きまたかよorzとなったが、特に現状投薬はいらないので、月イチ健康診断で良さそうである。
因みに先生も前回来院時「この呼吸でオレ今迄気付かなかったのかよこん畜生!!」ってなってたらしい(本人談)。ただ、前回は明らかに異常だったが、今日なんかは全然普通、ちょっと早い位だったので自信回復した模様。因みにとってもいい先生である。

そんな感じでまだまだ荒れ模様の我が家。
いつになったら落ち着くのかよ!とガックリしてる横でモップの轟音イビキがこだまする、そんなカオスな我が家。


いつもポチっとして頂いてすまん寝!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
02/20/2013    そして続報
どうもです。相変わらずの悶々っぷり炸裂な小さい人間です。

内容に入る前に、申し上げます。

ちょこさん
本当に有難う御座います。自分なんかちょこさんにそんなお言葉頂けるほどの事は何も出来てません。
貴女様の猫に対する深い愛情と行動力が自分にも備わっていればと思ってしまいます。
本当に、有難う御座います。

その他にも頂いた有難い、暖かいお言葉に感謝しております。

そして内容。
今回は賛否両論、多分不快に感じられる方も少なくないと思う。正直、己自信が不快であるよ。
ただ、一旦こういう場に投稿した以上は経過を報告するのは義務だと思う。
「浮気はバレなきゃ浮気じゃない」理論(どんな理論じゃ)で記事に書き込まなきゃ良かったよぐぉぉぉとよく分からん、本当によく分からん後悔をしつつも、真相を明かしたいと思う、我乍ら前置きが長いと思う。

彼女はなんとまぁ、食べれるようになったのである。アゴの異常は相変わらずですが、クロールの息継ぎかはたまたコマ無し自転車か、ポっと飲み込み方を習得したらしく、今までのブランクを埋めるかの如く、とにかく食べている。カリカリや大きい塊はまだ難しいが普通に生きてくに問題ない位食べれるようになった。1日でこれだけ変わるのかと驚いた。

そして、彼女は今頃手術を受けている。
組織が死んでしまった片目摘出と堕胎・避妊手術。

そう、彼女は妊娠していた。
そして、奇跡的にも胎児は生きていた。
勿論何度も麻酔を打ち、抗生剤を使用していたから本当に健康優良児だったかは分からないが生きていた。

だが、小生は生ませないという選択をした。

恐らく、彼女がNTR(ネコを避妊虚勢して放すほうね、オタ用語ではないほうね!)で捕獲した猫なら、小生は躊躇なく堕胎避妊していただろう。

だが、今回はなんだか良くない感じだった。

己の振りかざすチンケな「正義」やら「信念」やら「倫理観」、「あからさまな矛盾」が盛大にドンパチ繰り広げ、ダッシュで逃げ出して飲み屋に入って「白州シングルロック!鮭トバ炙り!」と叫びたくなる感じだった。

小生の家が倍広ければ、生ませていたかもしれない。でもそんなIF理論は無意味だ。
今一緒に生きているヤツらの生活だってあるのだ。

正直、小生が堕胎を選択したとき、先生はショッパイ顔をしていた。勿論当の本人もそんな手術は嫌だろうし、なんかこうアレな感じだったんだろう、先生の気持ちはお察しする。そんなショッパイ先生が好きだ(何のカミングアウトや)。

だが、多分、少なくとも自分たちにとってこの選択は「誤り」ではないだろう。「正しい」ことでもないが。

私はただの一個人で大した事はしたことがない。ただ単に変な動物大好き・エコテロリストBBAだ。
しばしば動物への愛ゆえに人間を軽んじ、猫の為に仕事に遅刻し、自らの遊興費や食費が猫の食費や手術費に消え、「金がねぇ」と泣きじゃくるただのキモBBAだ(マジきめぇ)

そんなキモオタBBAのやれることなんざ知れてる訳です(あれオタが増えた)。
限られた選択肢の中、出来る限りの事ができたら...いぃなぁ...ってゆーね。

ま、全然出来てないがな...orz

そんな訳で今日も病院。今日は猫女(仮)も通院。いつもの歯周病と気になる諸症状。
モップは珍しく昼過ぎに2ヶ月ぶりの比較的軽い発作(書いとくと忘れないから書いてるだけ。しかしやはり昼にも起きるって事は知らない間に起きてるのかもなぁ...)

猫の悶々は尽きない、そんな小さい人間の昼下がり。ぽちっとなーで元気が欲しい。そんな昼下がり。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。