--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/18/2013    経過報告
こぉんちわー...グッダグダの小さい人間です...orz
1月からガラっと生活が変わり、アルバイトが忙しく、猫事件が起こったりと完全にグッダグダで完全に風邪ひきです。
風邪かは知らんがとにかく病人です。
元々「病は気から」を体現している人種故に、今回も御他聞に漏れません。いつもは胃が荒野になるのですが、今回は意外にも扁桃腺に来ました。これはレアなケースです。
そんな訳で(どんな訳だ)今回は写真ナシの皆様が気になるネタの現状をお伝えしようという次第。

先月末に事故に遭った猫様ですが、現在再度入院中です。割かし元気になりましたが、致命的なことに自力で食事が摂取できません。まだ原因は分かりません。多分明日精密検査ですが、一応最悪の場合は最悪な処置をする可能性もあります。それ以外は普通に生活を営めるまでに回復しているのでなんとかしたいのですがね。

ここではまだお伝えできる段階ではないのですが、結構重要な事実も判明し、ソレを含めても「命に対する責任と重み・人間の理屈が孕む矛盾」に悩みっぱなしです。

先日、見舞いに行ったとき、食事が取れずなんだかぐったりしてきた(今は強制給餌をしているので栄養補給できてます。強制といっても口の際から大きな注射器みたいなんだ口の奥に入れてあげてるだけなので、嫌がらずにムシャムシャしてくれてます)彼女を見て、「なんだかもう、なんだかなんだか」となり(結局なんなの)、風邪でグッタリしていたことも相まってシクシク泣けてきちまいました。
彼女がゴロゴロスリスリしてくてくれるのが余計に悲しさを煽り、ケージにもたれかかりながらシクシクシクシクサメザメサメザメ...と湿っぽく泣いてたら、頭頂部に鋭利なものが刺さる感覚が。

「痛ぇなゴラァァ!」

と上を見ると、上の段のケージの隙間から、鋭利なものが小生に頭頂部めがけて繰り出されてました。

白い猫の爪。

勿論知らない白い猫ですが、その瞳は若干眠気を帯びており、「メソメソすんなや、うぜぇ」と言っていた。
「売られた喧嘩は買うぜ」ばりに、ケージ越しにヤツと暫し戦い、「白猫ってどこでもこんな感じなんやろかぇ...」とぼんやりウチの破壊神を思い出していた。
一応人間らしく都合よく「きっと慰めてくれたのだ」と思いながら、赤い目をして待合室に戻ると、隣のラブちゃんがペロペロ手を舐めてくれたので、やっぱりヤツの慰め方は間違ってると確信した。

そう、猫は「慰め」てなんかくれないのだ。

私が飲みすぎてグロッキーでも、疲れ果ててても、風邪引きでも、奴らは平気で頭をど突き、みぞおちを圧迫し、鼻を噛み、TVをブッ倒す。
「アタシの事わかってくれてるんだわ...!」みたいな事はない、否、分かっててやってるのかもしれない。
「アイツwwwwなんか弱ってるwwwwちょっと構ってやっかwwwwwちぃーーーっすwwwww」
みたいな感じか(完全いじめっこ乙)

それでも小生は猫にまみれて生きていくのか。そうなのか。うん...orz

そんな感じで雨模様の本日も今から病院へと出向しようと思う。勿論、自分の病院ではない。

アンニュイな小さい人間と、まだまだ頑張る彼女の為のポチを待ってます。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ
にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
TrackBackURL
→http://underthejaguarsun.blog58.fc2.com/tb.php/187-8b530c45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。