--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/27/2010    仏壇、お持ちですか?
こんにちは、先程髪の毛刈ってスッキリの小さい人間です。
あくまで「刈る」のです。「切る」のではありません。だって、鋏使わないし。
小さい人間は結構(かなり)アバンギャルドに刈り上げている(つか、モヒカン?)ので、2週間に1回バリカンで刈ります。普通にしてると普通の前下がりのボブなんですけど、髪を耳に掛けたりすると、性別を疑われます。以前、ツレアイと歩いているとき、リアル子供に「アレ、ゲイちゃうか?」とか「坊主の子供や!」とか言われました。結局、「男子と女子」という認識は最後まで為されませんでした。やはり浮かばれません。

さて、本題。タイトルのとおり、皆様、ペット用仏壇とかお持ちでしょうか?
ウチはありません。以前、友人の仏壇屋の息子が原価で譲ってくれると言ってくれたのですが、「ワシ仏教ちゃうししなぁ...」と断念しました。
で、現在ここ。

冷蔵庫の上...
決して、神に誓って追いやっているわけではありません。単純に、彼らが好きだった場所に置いてます。熱がこもるので良くなさそうですが...
彼らは生まれながらにして白血病でした。最初は6ヶ月、最後は1年半で亡くなりました。恨み辛みはザクっと割愛致しますが、同じ「動物が好き」でも種類があること、「汚いものには蓋をする」人は結構多いこと、「口だけ」ってのが一番遺憾に思われる、ということを知りました。
結果、益々人に無関心になり、動物らぶになってしまった小さい人間ですが...
とにかく!!
「生きる意味」とかそんなのはないと思いますが、全ての命は祝福されるべきだと思っています。
社会上、命には価値・無価値があります。小生が今日死んでも社会は恙無く回ります。
しかし乍ら、須らく生まれ出づるものはその事を祝福され、尊ばれる権利を持っていると思っています。
機能食べた卵もゴーヤもです。ゴーヤ(命っつーか果実ですけど)だから、病気だから、短い命だから祝福されないとか、そんな事はありえません。

今は灰となった3猫は、都会の隅っこで母猫をなくし、途方にくれていました。
亀田は、とあるペットショップ前に、ホシガメと共に放置されていました。
猫男(仮)は生後2ヶ月くらいでバケツに入れられ、駅前に居ました。
猫女(仮)は、ホームレスさんと暮らしていたようですが...

私は、彼らが存在していたこと、存在していることを心より祝福しています。
3猫のときは憔悴しきってそれどころではありませんでしたが(苦笑)出会えたことは人生で大きな喜びであり、糧となっています。

一人でも多くの人に、一つでも多くの命が、その存在を祝福されれば良いなぁ...と毎日祈ります。
って、ちょっと鬱陶しい話になりましたが(汗)
早く納骨しないとナァ...(未練がましい)

↓アナタにも救える命があるかも。
いつでも里親募集中

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫へ
にほんブログ村



Secret

TrackBackURL
→http://underthejaguarsun.blog58.fc2.com/tb.php/23-d1de2b1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。